遺品整理はどのタイミングで進めればいいの?

遺品整理は一生のうち、1度は経験するのではないでしょうか。一般的には親が先に亡くなるので、親の遺品整理をするなんてケースが多いでしょう。今だと親と同居していない家庭も多いですから、遺品整理も手間がかかるものとなりました。

そんな遺品整理を始めるタイミングは

過疎具で同居をしていれば、やはり遺品整理は進めやすくなります。離れている人の遺品整理は手間や時間がかかるというのが一般的です。
では、遺品整理はどのタイミングで始めるが気になるところです。
まずは、葬儀直後もしくは、手続き直後に行うものです。葬儀直後であれば、そのときにいる親戚に手伝ってもらえるなんてこともできます。また、間をおくと遺品整理にとりかかりにくくもなるので、葬式の流れで一気にやったほうがやり易いかもしれません。あと、死亡届けを役所の住民課へ届けたり、国保課へも届けたりもしなければなりません。他にも必要に応じて、公的機関へ手続きをしないといけません。それらが終わって、一息ついたタイミングでやるのもあります。
次に法要のタイミングです。仏教だと四十九日、その他だと三十日祭など、その宗教の節目に家族や親戚も集まることもあります、先に挙げだ葬儀直後のように集まってくれれば、手伝ってもらえたりするので遺品整理も進めやすくなります。また集まっていれば、あとあと遺品の処分について、もらえたかったからとクレームを言われるといったトラブルも防げたりもします。
あとは、離れて暮らしていて賃貸物件の場合には、大家や不動産業者と相談して、遺品整理のタイミングをきめることもあります。というのもなかなか離れていると現地にもいけなかったりします。しかし、大家や不動産業者としては早く立ち退いてもらいたいのです、そこで時期を相談することも必要になってきます。
あとは、家族がきもちをおちつけたり、一息ついてからゆっくり行うなんてことでもいいでしょう。中には子どもが亡くなったときなどには、遺品もそのまま残しておくといった家族もいます。しばらくはほうっておくのも、自然なことです。ただし、賃貸物件だとそのぶん、家賃を支払わないといけないので、しばらくおくのでえれば、お金のことも考えておきましょう。

遺品整理のタイミングと遺産相続の関係

htrsths
遺品整理もいつでもしてもいいのですが、遺産相続と絡むことがあります。遺産を受けとる、受け取らないも実は個人で選択できます。相続人にはなっても、必ずしも受けとる必要はありまけん。相続放棄もできます。しかし、遺品整理をすると遺産放棄ができなくなることもあります。ですので、必ず遺産を受け取らないと思っていたら、遺品整理はしないほうがいいのです。あくまで、他の家族や親戚にさせるべきなのです。
また、遺産相続と絡むことに、遺品整理をしていて、遺言書がみつかってしまうことがあります。遺言書もそれ自体が、有効であるかどうかも大切です。しかし、有効な遺言書かは開けてみなければわかりません。かといってすぐに開けてしまうと、トラブルにもなる可能性が高まります。もしも遺産相続でトラブりになりそうだったら、なおさらトラブルが大きくなる確率が高まります。遺言書を見つけたときの対処は子ページにて、紹介しています。万が一に備えて、事前に開封のタイミングも知っておきましょう。

最後に

子ぺーじにて、遺品整理にまつわるさまざまなタイミングについて、紹介しています。それらを参考にしながら、自分達にあったタイミングで無理せずに、遺品整理を進めていきましょう。

新着情報

◆2016/06/07
遺品整理はどのタイミングで進めればいいの?の情報を更新しました。
◆2016/06/07
遺品整理と形見分けのタイミングの情報を更新しました。
◆2016/06/07
遺品整理と相続のタイミングを考えようの情報を更新しました。
◆2016/06/03
当サイト更新者を新規投稿しました。
◆2016/06/03
遺品整理のタイミングは家族や親族と合わせようの情報を更新しました。